CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 7月のシメは雷蔵伝設定5 | main | 北斗の拳と雷蔵伝 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
北斗設定(推定)4、鬼浜設定(推定)5
8月初日の実践は連れと共に地元店へ。

本日は鬼浜、ハットリ、スト2がアツイ!との店からのメール。
昼頃店に行き、番長のシマを徘徊すると800G捨て台を連れが発見!
「打ってみるか!」
ということでホクトから打ち出したものの、特訓スルー。
そのまま連れに渡し、ホクトは鬼浜のシマへ。
データを見て回るとノーボーナス450Gヤメの台を見つけ、鬼浜の解析が頭に入ってないホクトは連れに相談。
「打ってみても良いんじゃない?」
ということなので打ってみると、投資わずか3000円でビッグ♪
「やったぜ兄貴ィ」
なんて言われちゃったりしてもういっちょゾーン内にビッグ♪
その後はホクトの右腕パワーが逆噴射したらしくゾーン抜け。
番長で天井バケ単発をお見舞いされた連れがやって来たので鬼浜を渡し、今度は北斗へ。

ぽつりぽつりと空いている札台の中からまだ稼動のあまりない台をチョイス。可能性を秘めているかな?と思って。
するとこれがポロポロ小役が落ちるものの、なかなかBBが引けないという状況に陥り10000円使ったところでようやくBB。
4連であっけなく終わったものの、小役の落ちが良いのとBB後に高確がついてきたので続行。
飲まれかけたところでBBがヒットし、その後は100G以内に引き戻すものの連荘がイマイチ。

短いG数ながらも打った感触(小役の反応とかね)から設定4かな?と思い見切りをつけてヤメ。

一方連れに委ねた鬼浜は400Gくらいでビッグを引き、稲妻ナシの顔完成で仁義勝利確定で行ってきま〜す♪
ここでまたゾーン抜けたものの、スイカ確率がよくなってきたというので続行。またしても400Gほどでビッグ、ゾーン内でビッグでゾーン抜けし、ここで数台、高設定っぽい台が見えてきたので一旦ヤメ。

連れと二人でポチポチと北斗を打つものの、小役が落ちるだけで反応を得られないというなんともしがたい展開。
北斗はもうヤメだー!ということで再び鬼浜のシマへ。
すると夕方の設定発表で鬼浜に数台、56確定札が刺さっているじゃあーりませんか!
しかも!その内の1台を打っていたオジサマが今まさに止めようとしているじゃあーりませんか!
鬼浜のシマの「止めるの?でもこの台も今ゾーンで・・・」みたいな身動きが取れない人達を尻目に
「止めるんですか?この後打っても良いですか?(ニッコリ)」
と、オジサマに声を掛け、台を譲ってもらうことに成功♪

オジサマに貰った鬼浜は連れに任せ、ホクトは黄門ちゃま。が、ゾーン抜けたのでヤメ。
連れとバトンタッチし、ボーナスを引くも単発。

するとなんと、隣の台も56確定札が刺さっていたのだけど、バケ単でゾーン抜けしたところで男の子が止めて行くではないですか!

即確保して連れと隣同士で鬼浜設定56確定台2台ゲット!

よーし、ここから負債回収するわよぉ〜♪と意気込んで打ち出すとホクトの台が先にボーナス。
連れと交代し、男の子がヤメた台をホクトが打つと程なくしてバケ。

128Gは抜けてしまったものの170Gほどでバケ。

なかなか連荘モードにいかない連れの台と、連荘するもののバケばかりのホクトの台。どうなることやら・・・とハラハラしながら続行したところ。

連れの方はオジサマががっつり出した後だったせいか下降路線まっしぐらで、結局投資分は取り戻せずヤメ。

ホクトの打った方は最初バケ連でツライ展開だったものの、後半でゾーン内にBIG、REGあわせて13連荘し3500枚ゲット♪
ちなみに鬼浜でこんなに出せたの初めて!なめんなよ猫見れたよ♪とうとうホクトもゾッキー達に「夜露死苦!」って言ってもらえたよ〜〜〜♪

が、北斗の負債と連れの打った方の鬼浜の負債を全て回収することは出来ず、8月初日は負けで終了となりました〜。

ホクト達が打った北斗は後に高設定札が刺さっていて、打ってる人は皆1箱積んでいました。多分・・・設定は4、てとこだと思われます。
鬼浜結構面白いね♪


☆Blogランキング☆えぶりばでぃポッチンコ♪
| パチスロ 実践記 | 06:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 06:16 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hokuto.jugem.cc/trackback/116
トラックバック